-

PCの画面の前に座り、リアルタイムで上がったり下がったりしているレートを見てしまうと、何やら売買をせずにはいられなくなるという感情が生じる方も多いです。だけど、はっきりしない感覚で売買するのだけは避ける必要があります。知っての通り、マーケットは昼夜を問わずいつでもどこかの国で外国為替市場が変化しているしレートもいかなる時でも、変動している。だからといって、何度も注文を繰り返しているとそれだけで損失が生じる可能性が増します。当然、売買の回数を増やすことによって、だんだんと稼げる確率か半々になるのは周知の通りです。けれどもその事は「漠然とした勘でエントリー」とは別の話です。売り買いの回数を積み重ねるというのは、「ここがチャンス」と直感した時機を得た状態での取引回数を積み重ねるという事を意味します。ただ何となく、のべつ幕なし注文をするのとは違う。相場の戦いに負けないためには、思案してメリハリをつけることこそが必要です。「ここはいける」と考えた為替相場の時には、迷うことなくポジションを積み増して、思い切り儲けを追求します。「分かりにくい市場で、どう動くのか思いつかないな」と思い至った時は、思い切って所持ポジションをひとつも残さないでクローズして放置します。それぐらいのテンポでやった方が、結果的にはトレードはうまくいくものだ。相場の格言には「休むも相場」という言葉があります。実に言葉どおりです。相場とは、休みなく売買ポジションを所持する事が大切ではなく売買ポジションを所持せず待っている事も場合によっては、必要です。そうであるならば、どういう時に、休めばよいのだろうか。最初に言われるのが前述の通り、現在の相場展開がしっかりと良く見えない時です。現状から円高になるのか、それとも円安になるのかが判断できない時は、思いつきで行動すると、自分自身の思い描いた物語とは違った方向にマーケットが動いてしまい、損失を被る事になります。こうした状況ではポジションを減らしてそのまま何もぜずに見ているだけが最善の策です。ふたつめは、体の状態が思わしくない時です。体の調子とマーケットに影響ないと感じる方もいるだろうが。考えている以上に関係があります。健康状態が悪い時は、外国為替市場の重要な場面で、正確な判断ができなくなります。気分が乗らない時は市場から距離を置くことも肝心な事です。