-

外国為替平衡操作(為替介入)というのは聞いた事がありますか?日本銀行が為替の介入をして新聞記事、雑誌記事、テレビのニュースインターネット等の記事で注目した方もたくさんいると思います。初めから為替への介入といえば我が国では、・財務大臣が円の相場の安定化を実現するように施行する手法と見なされています。簡潔に言えば、極度の円高もしくは円安の時に財務大臣の用命によって中央銀行(日本銀行)円の売り買いをして為替の相場の安定性を狙うことを言います。外国為替平衡操作(為替介入)はいくつか種類があります。1.単独介入・・・行政または日銀が東京での市場で自らが市場に参加し介入をする。2.協調介入・・・銀行などが相談のうえ各通貨当局の金を駆使して一緒あるいは随時為替介入を実施していく。3.委託介入・・・海外の銀行などに向けて介入を任せる。4.逆委託介入・・・日本銀行が他の国の通貨当局に代わって為替介入(外国為替平衡操作)を遂行する。この通り種類があるのです。どのケースの外国為替平衡操作(為替介入)も一時的、または引き続き為替に大きなインパクトを与えるはずです。為替の介入のお金はさすが自分の国の権威をかけているだけにスケールが大きいです。円を元に考えると、通常は数銭ずつ動く為替レートが数円ごとの変化をするのです。個人投資家の人ならば今までに経験があると考えますがこれまで順調に利益(あるいは損失)が多い保有高を持ち続けていたところで、保持している保有高が決済したと連絡がFXの業者からメールが来ました。得したのかな(損益が出たのかな)?と思いながら決済情報を確認したら自ら予測していたものとはまったく反対の結果にびっくりしてしまうとのパターンがよくありました。外国為替市場介入(為替介入)が実施された場合によく聞く話なのです。以上のように為替の介入が実行されると、為替のトレンドと逆の動きをします。しかも変動する金額の幅はかなり大きく動きますので気をつける必要があります。