-

「スプレッド」とはFXは外貨を売買して利ざやを稼ぐ商取引です。売買の注文の価格は、常時変動しています。それがマーケットです。テレビを見ていると、ドルやユーロのレートのニュースが流れる時があります。見かけるのが、「ただいまのマーケットは80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。それは80円50銭から80円52銭の幅の中で取引されているという事を意味するのではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、ということを示しています。別の言い方をすると、売り買いには買値と売値の両方の価格が存在します。売値、買値ではなくビット、アスクと表示する業者もあったりします。平常時には売値が小さくなっています。実際に買うときには高く、売るときには安くなります。その差分をスプレッドといいFX会社の収入のひとつといわれています。スプレッドの差はFX会社によって違います。スプレッドの幅はみなさんにとって支出となるので、低い取引業者を選択するほうが優位です。ただ、同じFX会社でも状況に応じてスプレッドは大きくなったり小さくなったりします。例えばドル円の組合せで1銭のスプレッドの幅だったとしても、為替の変化が激しい場合には大きくなったりするのです。という訳で、スプレッドが狭いのと同じくらい変わらないということが重要です。この頃では決まったスプレッドを表示する取引会社もいろいろ存在しています。リアルに取引業者の売買画面の上でリアルな市場をチェックしなければ評価できないので面倒ですがとても大事な事です。大事な財産を預けてエントリーをしますので、実際の注文の前に魅力的に思えた会社の取引口座開設を試して表示されているスプレッドの広さを確かめましょう。同じ通貨でもその時間帯の外国為替市場の状態によって、スプレッドの幅は異なることがあります。いつもはインターバンク市場で取引量の多い、流動性の高い通貨ではスプレッドが狭く別の通貨ではスプレッドの幅が拡大する傾向にあります。