-

外為取引(FX)のパターンには取引所取引という所があります。普段のFX(外国為替証拠金取引)会社と商売をするという行動を「店頭取引」と呼びますがこの取引は取引所を通さず売り買いのペアはFX(外国為替証拠金取引)企業になるのです。「取引所取引」という所は外為取引企業はとはいっても橋渡しあり、ダイレクトな売り買いパートナーは取引所との事になっています。その違いをここで少々比べてみましょう。開口一番「店頭取引」のケースは預けてある資金は外為(FX)会社に管制されているのです。反面「取引所取引」のケース、証拠金は全ての額取引所に仮納しなければならないと義務になっているのです。もしも外為(FX)会社が破産するというような事態があったとしても、後者は、取引所によって証拠金が総額守護されることになるのです。店頭取引の折はFX業者が束ねしているので、様子を見て業者経営の行き詰まりの悪影響をを受けて預けていた証拠金は保護されないかもしれません。また税金の面からも両者においては内容に相違が存在します。「店頭取引」では、為替差益やスワップ金利などを雑所得として給料と合算して申し出をせねばなりません。しかし確定申告しないで良いおりもありますので、自身にマッチするのかしないのか抜かりなく検証していただきたいです。万一貴方が会社員で年収2000万円以下、給与の所得他実入りが20万円以下(複数の企業から給与所得がないこと)といった基準を満たしている状態でいるのなら特別という訳で確定申告は不要でOKです。FX(外国為替証拠金取引)利益が二十万円以上折は確定申告をするようにして下さい。税の割合は収益に付随して5%〜40%の六段階に分類されておりまして儲けが高いのならタックスも上がります。「取引所取引」に関しては、もうけがあるのであればその他の儲けとは別で考えておいて「申告分離課税」の対象となります。税の割合はすべて20%となりますが、仮にマイナスが定まったという事ならば「取引所取引」の利益として赤字分を次年以降に先延ばしという事が可能です。上記から読んでも、「取引所取引」の方がより低い税率になるケースもあるのでふまえて研究していった方が良いと考えます。ビギナーの方は、株価の浮き沈みや円の状況にいつも注意して、もうけや赤字にドキドキする事で、税金を払うということを忘れて放置になることもあるんです。欠損分は困りますが、手取りが増加すれば税金に関しても高騰するので目を向けるのとわきまえる事が肝要との事です。