-

「スプレッド」とはFX投資は外貨をトレードして収益を生む商取引です。売買の値は常に変動しています。これがレートです。インターネットでニュースをみていると、通貨の為替相場のニュースが流れます。例としてあげると、「今のドルは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。これは80円50銭から80円52銭の幅の中で買ったり売ったりされているという事を表しているのではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、ということを提示しています。すなわち、トレードには買いと売りの両方の価格が存在します。売値のことをBID、買値のことをASKと表示するFX業者もあったりします。いつもは売値が安く決定されています。私達が買値は高く、売値は安くなるのです。その差額をスプレッドといい、会社の儲けのひとつとされています。スプレッドの狭さは業者によって異なります。スプレッド幅は自分にとってコストになるので狭い業者を選択するほうが得します。ただ、同じ会社でも場合によってスプレッド幅は拡大したり、縮小したりします。例えば通常はドルと円のペアで1銭のスプレッドの差だとしても相場の変化がかなり大きい状態では1銭よりも大きくなったりする場面があります。ですから、スプレッドの幅が狭いのと同じく、安定している事が大事です。現在では固定でスプレッドを示すFX会社も存在します。現実に取引業者の注文画面上で現実の為替レートを確認しなければ判断できないのですがとても大切なことです。多額の財産を投じてエントリーをするのですから売り買いの前に興味がある取引会社の新規取引口座開設を積極的にして、スプレッドを実感しましょう。同じ通貨でも、その時間帯の市場の変動率(ボラティリティ)によって通貨ペアのスプレッドの狭さは異なることがあります。いつもはインターバンクマーケットで取引高が多い通貨の組合せではスプレッドの幅が小さくその他の外貨ではスプレッドの幅が広くなるのが普通です。